シムフォート 使い方

シムフォート使い方

シムフォートの使い方と言えば「髪をマッサージする様に洗う」となっていますが、マッサージって具体的になんやねんと思われている方も多いと思います。

そこで今回はシムフォートの正しい使い方(洗い方)について調べてみました。

要は育毛に効果的な洗いかたですので、今まで髪の毛の洗い方に興味が無かった方は是非一度ご覧ください。

シムフォートの体験談

使い方も重要ですが、シムフォートのリアル体験談も載せていますのコチラを先にご覧ください。

シムフォート(SIMFORT)効果は嘘?実際に体験してみました

シムフォートの使い方①:ブラッシング

シムフォートの使い方①:ブラッシング

シムフォートで髪を洗う間に必要なのがブラッシングです。髪を洗う前にブラッシングをすることで髪の毛に付いたホコリを落とす事が出来ます。

「クシなんて持ってません」

「クシを使う程髪なんてありません」

なんて言わないで下さい。

私もクシなんて抜け毛が見えるだけのものだと思っていますので、持ち合わせていません。そしてわざわざ購入する必要もありません。

たしかにクシでといだ方が良いのですが「手グシ」でもOKです。

髪についているホコリを落とすイメージで髪を優しく手グシで流して下さい。

シムフォートの使い方②:ゆっくり優しくすすぐ

シムフォートの使い方②:ゆっくり優しくすすぐ

シムフォートを使うまでに一体何分髪をすすいでいますか?

多くの男性は10秒~30秒程すすいで使っていませんか?

「だってそんなすすぐ程髪の毛ないし」

「そんなにすすいでも水がもったいないし」

なんて思うのが普通ですよね。

でもすすぎに必要な時間はなんと「1分~2分」女性の場合は3分も必要となっています。

そうです1分~2分水の垂れ流しです。

「そんなに流してたら、地球に悪い」

と思われているから「地球とあなたの髪どちらが大切ですか?」

時に割り切る事も髪にとっては大切なのです。

洗い方としては、弧を描くように頭皮をマッサージして頭皮の汚れを落とします。

シムフォートの使い方③:温度管理が以外に重要

シムフォートの使い方③:温度管理が以外に重要

正しい洗い方で頭皮を洗った場合、長い方で10分くらいお湯を頭にかける事になります。その為温度管理はかなり重要と言えます。

実際頭皮に優しい温度は38度~40度と言われていますので、少し温いくらいがちょうど良いとされています。

普段高温で「熱い方が汚れが取れる」なんて思われている方、それ間違いなのでこの機会に低温に変えましょう。

お風呂につかる温度はそこまで関係ないですので、頭皮を洗う時だけ低温にしておきましょう。

シムフォートの使い方④:最低限泡立てる

シムフォートの使い方④:最低限泡立てる

今ままでシャンプーを使っている時、手にとってシャシャッと適当に泡立てて、髪を洗っていた人!「それ間違いです」

確かに、馬鹿みたいに泡立てる必要は無いのですが、やはり原液のままでは髪の毛全体が泡立たない為最低限泡立てる必要があります。

私の場合は30回手のひらで回す様にしています。

その際は、ガシャガシャ雑に回すのでは無く優しく優しく「お願いします」と願うようなイメージで回しています。

シムフォートの使い方⑤:指を広げ弧を描く

指を閉じて上下にシャカシャカ洗うとどうしても泡立ちが悪くなります。

その為、髪を洗う際はなるべく指を広げ弧を描く様に丁寧に洗う事をおすすめします。

あと当たり前ですが、力強く洗うと頭皮が痛みますので、優しく洗いましょう。

それでも、洗い方に不安がある方はあの有名商品を使いましょう。

シムフォートの使い方⑥:迷ったらサクセス頭皮洗浄ブラシ

シムフォートの使い方⑥:迷ったらサクセス頭皮洗浄ブラシ

頭皮を正しく洗えているか不安な方はサクセス頭皮洗浄ブラシを使う事をお勧めします。このサクセス頭皮洗浄ブラシですが、ドラッグストアやamazonなどでも600円くらいで売っています。

これを使って髪を洗えば、手でやるより効果的に洗えるのはたしかです。実際私も使っているのですが、簡単で何より気持ちが良いのでかなり気に入っています。

サクセス頭皮洗浄ブラシに育毛効果はあまりないのですが、シムフォートとの相性はかなり良いと私は思っています。

「迷ったらサクセス頭皮洗浄ブラシを使って見ろ」です。

シムフォートの使い方⑦:ゆっくり丁寧に洗い流す

シムフォートは炭酸シャンプーの中でもトップクラスの洗浄力になっています。言い換えれば洗った直後は皮脂や汚れが浮き上がっている状態です。

なのでシムフォートを使った後はしっかりと洗う必要があるのです。しっかり洗うと言ってもゴシゴシ力任せにやっては頭皮が痛みますので、優しくマッサージする様に洗って下さい。

洗う時間は最低でも1分は使った方が良いでしょう。私の場合は1分~2分使っています。

シムフォートの使い方⑧:ドライヤーで乾かす

シムフォートの使い方⑧:ドライヤーで乾かす

薄毛の方はドライヤーに恐怖感を持たれている様です。

実際私もドライヤーは温風で頭皮を痛めるものと思い込み、使っていませんでした。

「自然乾燥!そう自然が一番」

なんて本気で思っていました。

しかししっかり調べてみると、ドライヤーで乾かさないと、雑菌が繁殖しやすく薄毛の原因になる事が分かったのです。

もちろん温風を直に当てれば頭皮を痛めますが、手でカバーし優しく乾かせば雑菌の繁殖を抑える事ができるので結果薄毛の予防ができるのです。

もしドライヤーをお持ちでない方はこの機会に購入しましょう。

シムフォートの使い方⑨:育毛剤を使う

シムフォートの使い方⑨:育毛剤を使う

シムフォートは育毛剤では無いので科学的な育毛効果は一切ありません。しかしシムフォートを使う事によって頭皮が綺麗になり髪が生えやすくなるのも確かです。

清潔な頭皮は育毛剤の浸透が良くなり効果が上がりますので、シムフォートの後に育毛剤を使うのは良いとされています。

もし愛用の育毛剤がある方は、シムフォートの後に育毛剤をお使い下さい。きっと今まで以上に効果を実感できますよ。

育毛剤に関してはかなり個人差があるのでここで何が良いとは言えません。もしあなたに合う育毛剤が無い方はシムフォートだけでも十分に効果を発揮しますので、まずはシムフォートから始めましょう。