プロテイン

本気で将来の事を考えた時に必要なのは「筋肉」だと思います。

何故その様に言い切れるかと言うと私の体があまりにもみすぼらしいからです。

38歳にしてこのお腹、しかも健康診断の結果も好ましくない・・・

なので私は決めました!

筋肉をつけてこのダメな体から卒業することを!

そしてやるからには、プロテインを使い極限まで筋肉を付けることを!

私は今まで筋トレなんてしてきていません。

なのでトレーニングの知識は無いのですが、誰よりも筋肉について知りたいと思っています。幸いにも私友人でスポーツトレーナーをしている人もいたので友人にも意見を効きながらトレーニングを初めていきます。

実際の体験談に基づいてプロテインを紹介しますので、これから筋肉を付けたい方は是非最後までご覧下さい。

プロテインを紹介しているサイトの中には嘘を付いているものも多いのでご注意下さい。

プロテインを実体験

プロテインをしっかりと摂取して筋トレすればどのくらい体に変化が現れるのは実験してみました。

もちろん実験体は私です。

まずは、プロテインを摂取する前に私の体を紹介しておきましょう。

プロテイン体験談画像1

なんと言うか、残念な体ですね。

「笑えません」

年齢も38歳ですので、ある程度衰えてしまうのは仕方ないのですが、このまま老いていくのは流石に嫌ですので鍛える事にしました。

ライザップなのでジムも考えたのですが、基本人見知りなので1人でする事にしたのです。

私の家にはジムの様なマシーンはありませんので、友人に相談して必要最低限の道具をそろえました。

プロテイン体験談画像2

この道具を使い、一ヵ月間筋トレをした結果がコチラですね。

プロテイン体験談画像3

流石に一ヵ月でゴリゴリの筋肉を手に入れる事はできなかったのですが、筋肉に関しては確実に付いてきています。

年齢や、ジムに通っていないのを考えるとプロテインの効果は大きかったと思います。

もちろん私自身の努力もあったのことです。

アラフォー程度ならまだ筋肉は付くので諦めずに頑張って下さい。

筋肉を付けるにはギリギリが一番

筋肉を効率良く付けるにはギリギリが良いとされています。

体が耐えることの出来るギリギリまで力を入れると以下のような事が行われます。

筋トレ等でギリギリまで筋肉を追い込むと体の危機管理委員会が「筋繊維を太くして下さい」と体に働きかけます。

すると